浜松直売所マップのページが完成いたしました! 「第22回全国農業担い手サミットinしずおか」について

ホーム > 活動報告 > > 浜松市認定農業者協議会 > 令和2年度 本部講演会を開催しました。

活動報告

とぴあ浜松農業協同組合 三ヶ日町農業協同組合 遠州信用金庫 日産化学株式会社
2020.09.29浜松市認定農業者協議会

令和2年度 本部講演会を開催しました。

浜松市認定農業者協議会では、9月11日にクリエート浜松で本部講演会「人・農地プランの実質化に向けて」を開催し、ソーシャルディスタンスを確保した会場に84名が参加しました。

最初に、農林水産省経営政策課の村田経営専門官による「なぜ"今"人・農地プランの実質化なのか?」と題した基調講演を行いました。
日本全体が今後100年間でかつて経験したことのない急激な人口減少と高齢化に直面するため、担い手の確保は他産業との競合になること、「人・農地プランの実質化」はかつて全国各地で行われていた地域の寄り合いの復活であり、徹底した話し合いにより地域農業の今後の方針を地域の皆さんで決めていくものであること等の説明をいただきました。

その後、市内関係団体の代表者等6名による「浜松が目指す人と農地のあり方」と題したパネルディスカッションを行いました。
人・農地プランの話し合いをきっかけとして各地域で組織の垣根をこえた話し合いが継続する環境を作るため、組織のトップ同士の連携をさらに深めたいという思いを共有し、様々な意見交換が行われました。

①基調講演.jpg

②パネルディスカッション.jpgのサムネイル画像

ページトップへ